五道沟梁における植樹活動

2008年より日中緑化交流基金の助成を受け甘粛省武威市古浪県

騰格里沙漠の紅沙塘地区で開始しました。2014年秋まで6年間で

463.5ヘクタールの植樹をする事が出来、東京ドーム約99個分

の面積の沙漠が緑化出来ました。中国側協働団体は馬路灘林場です。

流動砂丘地区では草方格を作り、半固定砂地では風上側に簡易的な

稲藁による砂障を作り栽植しました。樹種として「沙拐棗」「花棒」は

砂中水分が少ない傾斜地に、砂丘間の平地には「毛条」「白楡」を

配しました。詳しくはここをクリックしてご覧下さい。

平成27年は五道沟梁地区での沙漠植樹用林道保護のための植樹活動を

行っています。平成27年9月迄の7年間累計植栽面積は、

493.5ha(東京ドーム約105個相当)となりました。

201109