金栄道路における植樹活動

picture1
年間降水量200mm程度の甘粛省武威市
古浪県馬路灘の沙漠地帯で武威市林業局
の下部組織である馬路灘林場をカウンター
パートとして2006年からイオン環境財団
の助成をうけて緑化活動を進めており、
この間の緑化面積は累計200ha以上に達しました。先行緑化実験地の
長城郷では植樹の活着により、自生の草本類の「沙米」「油蒿」等が
繁茂しはじめ、小動物の「うさぎ」、「狐」の糞が発見され、更には
「カササギ」「蝶類」「トカゲ」も見られるようになり、結果として
「生物多様性の保全」が進んでいます。
詳しくはここをクリックしてご覧下さい。
現在は甘粛省武威市古浪県で、地域発展、環境向上(沙漠緑化)面で
最重要である道路「金栄道路」を移動砂から守る為に、道路の両側面の
植樹緑化を推進しています。
201107