第27回草炭緑化協会定期講演会開催のお知らせ

毎年行っております「草炭緑化協会定期講演会」はお陰様にて27回目を迎えるに至りました。今回の講演会は3人の講師をお迎えして開催いたします。

ご多忙の中とは存じますが、是非ご出席下いますようご案内申し上げます。(聴講無料)

なお講演会が終りましたら懇親会を用意致しておりますのでご参加ください。(有料)

 主催   NPO法人 草炭緑化協会

 日時   平成2 1028日(金) 13~1630

 会場   早稲田大学理工学術院 西早稲田キャンパス55号館N1階第2会議室。

 懇親会  講演会終了後、同館2階竹内ラウンジにて行います。

プログラム

img5070

16:45~18:30  懇親55号館2竹内ラウンジ 、会費一般3500円、学生1000

各講師との懇談を予定しております。多くの方の参加を希望いたします。

会場へのアクセス

メトロ副都心線の西早稲田駅がキャンパスに直結しています。

詳しくは西早稲田キャンパス交通アクセスをご参照下さい。

東京都新宿区大久保3-4-1

 

  • 出欠のご連絡は電話、FAX、メールにて10 19()必着でお願いします。

連絡先:  NPO法人 草炭緑化協会

〒124-0005 東京都葛飾区宝町2丁目34-13-701

Tel/Fax 03-5654-7889 E-mail peat-society.jp@nifty.com

以上

五道沟梁における植樹活動

2008年より日中緑化交流基金の助成を受け甘粛省武威市古浪県

騰格里沙漠の紅沙塘地区で開始しました。2014年秋まで6年間で

463.5ヘクタールの植樹をする事が出来、東京ドーム約99個分

の面積の沙漠が緑化出来ました。中国側協働団体は馬路灘林場です。

流動砂丘地区では草方格を作り、半固定砂地では風上側に簡易的な

稲藁による砂障を作り栽植しました。樹種として「沙拐棗」「花棒」は

砂中水分が少ない傾斜地に、砂丘間の平地には「毛条」「白楡」を

配しました。詳しくはここをクリックしてご覧下さい。

平成27年は五道沟梁地区での沙漠植樹用林道保護のための植樹活動を

行っています。平成27年9月迄の7年間累計植栽面積は、

493.5ha(東京ドーム約105個相当)となりました。

201109

金栄道路における植樹活動

picture1
年間降水量200mm程度の甘粛省武威市
古浪県馬路灘の沙漠地帯で武威市林業局
の下部組織である馬路灘林場をカウンター
パートとして2006年からイオン環境財団
の助成をうけて緑化活動を進めており、
この間の緑化面積は累計200ha以上に達しました。先行緑化実験地の
長城郷では植樹の活着により、自生の草本類の「沙米」「油蒿」等が
繁茂しはじめ、小動物の「うさぎ」、「狐」の糞が発見され、更には
「カササギ」「蝶類」「トカゲ」も見られるようになり、結果として
「生物多様性の保全」が進んでいます。
詳しくはここをクリックしてご覧下さい。
現在は甘粛省武威市古浪県で、地域発展、環境向上(沙漠緑化)面で
最重要である道路「金栄道路」を移動砂から守る為に、道路の両側面の
植樹緑化を推進しています。
201107