会の歩み

会の歩み

1990年に村井資長先生(早稲田大学元総長)により草炭研究会は
設立されました。
中国新疆ウイグル自治区で中国科学院新疆生態与地理研究所と沙漠緑化の
共同研究を進め、荒漠地における作物栽培で草炭利用の有効性が実証
されました。シリアでは同国農業省と沙漠緑化の共同研究を、中国寧夏
回族自治区では中国科学院と沙漠における水稲栽培を、中国甘粛省武威市では
林業局と地元民間団体の協力をえて無灌漑植樹による沙漠化防止などを目指して
植樹活動実施中です。
2008年に、草炭研究会の活動を継承しさらなる発展を期し、
NPO草炭緑化協会に衣替えしました。